人類の生命を奪う蜂は巣をまるごと退治するべき

家の害虫を退治する

白蟻

シロアリ対策は、通常は薬で行います。殺虫効果のある薬を床下などに設置するのが、一般的な方法です。シロアリは湿気の多い環境を好みますので、家の周囲の環境のチェックは非常に大切です。油断していると、大きな被害を被る可能性があります。

More Detail

業者選びのポイント

ハト

害虫や害獣の駆除業者を探す際には、サービス内容や駆除に用いる禁避剤などにも注目して選ぶと安心です。再発保証サービスを利用したり、普段から鳩やスズメバチなどの巣を作らせない工夫を心がけましょう。習性や本能を理解し、害虫や害獣を早期に発見しできるだけ早く対応することが大切です。

More Detail

未然に危険を回避

蜂の巣

作らせない為に

蜂は4月から6月頃の暖かくなった頃に活動し始めます。蜂の巣が出来たら危険を避けるため早めの撤去が必要になります。しかし撤去にも危険が伴うため、出来るだけ巣を作らせないことが重要になります。巣を作らせないためには虫除け剤を使用すると良いです。市販の虫除け剤を窓や玄関に下げておけば蜂の巣が出来にくい傾向があります。また、巣が出来そうな軒下や木下に虫除けスプレーをかけておくことも、蜂の巣の予防になります。蜂退治に有効なのは木酢液ですが、雨が降ったりすると流れてしまうので、その都度吹き直してやることが重要になります。このような対策をとっても蜂が寄ってくる場合は、殺虫剤を利用して退治しましょう。その際には少し離れた場所から行うことで刺される危険が少なくなります。

いくつかの注意点

蜂を退治する方法として有名なものにペットボトル捕獲器があります。これはペットボトルの中に酒・酢・砂糖を混ぜた液体を入れてその液体に蜂を溺れさせ退治するという方法ですが、実はこの方法にもいくつかの注意点があります。まず蜂の巣の近くでは使用しないことです。なぜならば蜂が多く集まりすぎるので危険だからです。また、子供や通行人が通る近くには設置しないことも大切です。子供の手の届かないところに設置することも重要になります。蜂の巣の撤去は自分で行うことも可能ですが出来る限り専門の業者や自治体に依頼するようにしましょう。どうしても自分で撤去しなければならない場合は、専用の保護具をしっかりと身につけなければなりません。蜂を退治する際には以上のことを守れば危険を回避することが出来ます。

アリから家を守る対処法

シロアリ

木材を食べることで建物に被害をもたらすシロアリは、害虫として認識されており、見つけたならば家を守るためにも退治する必要があります。もっとも数も多いために素人で完全に駆除することはなかなか難易度も高いため、被害が大きい場合はプロに依頼した方が無難です。

More Detail